どのように対処すれば良いか

足の裏以外にできた豆

歩いても痛みを感じない位置に豆ができていた場合は、放置するのが最も良い方法と言われています。
豆は早く潰した方が良いと思って、いつも適当に処置している人が見られます。
しかし潰した時にバイ菌が侵入して、そのまま感染症になってしまう時があるので気を付けてください。
豆ができている部分は常に清潔にして、余計に触らないように心掛けていれば自然と治るので大丈夫です。

間違って触ったり、バイ菌が付着したりするのを防ぐならガーゼを貼っておくのが良い方法です。
しかしガーゼが汚くなったら意味がないので、1日に1回貼り替えてください。
小さな豆だったら痛みも特に感じませんし、歩く時に違和感も抱かないので放置しても問題ありません。

豆を潰す時の方法

痛みが激しかったり歩く時に邪魔になったりする豆は、少しだけ潰してください。
針で豆を指すと水が抜けて、豆が小さくなります。
それだけでも痛みはなくなりますし、歩きやすくなるでしょう。
針は、事前に消毒することを忘れないでください。
また豆を針で刺したらすぐ水をガーゼで拭き取って、患部も消毒しなければいけません。
そのように正しく処置しないと、患部が悪化します。

後はガーゼを貼って、バイ菌が侵入できないように対策をしましょう。
足の裏にできた豆は、歩いている時の衝撃で潰れることが多いです。
それに気づかないで放置すると、バイ菌が侵入する可能性があります。
それよりだったら自分で処理して、きちんとガーゼを貼って守っていた方が良いでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る