正しい歩き方を勉強する

痛みを感じてしまう

足に豆ができると、痛みを常に感じたり歩きにくくなったりしてしまいます。
豆ができないようにするためには、正しい歩き方が重要なので覚えてください。
正しい歩き方とは、足をまっすぐにさせることです。
かかとからつま先まで、まずは揃えて立ってください。
そのまま足を前に出せばまっすぐ歩けるので、豆ができることはありません。
これが一般的に言われる、正しい歩き方になります。

豆がよくできる人は、歩く時に足が外側になったり内側になったりして、曲がっていること多いです。
この機会に自分の歩き方が正しいのか、詳しく調べてください。
間違っていた場合でも、今から改善すれば問題ありません。
慣れるまで何度も道を歩いて、練習しましょう。

サイズの合わない靴

歩く時に足が曲がってしまうのは、サイズの合わない靴を履いていることが原因かもしれません。
豆ができやすい人はその可能性もあるので、普段よく履いている靴を見直してください。
小さい靴では窮屈なので、足に余計な負担を与えてしまいます。
大きい靴では、歩く時にすぐ脱げたり転んだりするので危険です。
サイズがピッタリの靴を用意してから、歩き方の練習をしてください。

どうしてもピッタリの靴が見つからない時は、中敷きを敷いたりして工夫すると良いですね。
また、歩きやすい靴を購入するのも良い方法です。
硬い靴は足に負担を与えやすいので、歩く時には向いていません。
きちんと歩くことを意識するなら、柔らかいスニーカーがおすすめです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る